1. HOME
  2. 咲くらクリニック ブログ 今日も咲くらで
  3. オンライン診療の話題。今朝のNHK「あさイチ」から
2018.3.7

オンライン診療の話題。今朝のNHK「あさイチ」から

今朝NHKをみていたら「オンライン診療」の話題をやっていました。

 

当院通院中の患者さんはご存知の通り、咲くらクリニックでは昨年9月からオンライン診療を取り入れています。

 

オンライン診療が利用できる方は相当程度症状が安定していてほぼ毎回処方の内容が変わらない、といった慢性期の患者さんのみです。急性期の症状(毎回変化がある)の方は利用できません。

 

4月からは保険点数もつくそうなのですが、点数がつくと言っても疾患名によってかなり制限されており、点数を期待していた先生方にはかなり辛い内容となっています。ちなみに僕ら皮膚科には全く関係ない点数です。

 

また4月の診療報酬改定に伴い点数がつくことで飛躍的に普及するのではないかと期待していた、オンライン診療システムを売っている業者にとっては肩透かしもいいところのようです。

 

診察料の部分は受診者全員から徴収されるものですからちょっといじっただけで相当なお金が動きます。オンライン診療推進などと言って簡単に診察料を上げてしまったらそれだけで国費は浪費されるわけですのでそう簡単には上げないだろうと思っていましたら、案の定、辛い点数となりました。

 

今の日本は国を運営するお金が全然たりませんからね。財務省ホームページから→我が国の財政の状況。

毎年35兆円もの国債を発行して(借金して)いる状態ですから、値上げをそう簡単によし、とはしてくれないと思います。オンライン診療のおかげで医療費がすごく削減できるようになった、とでもならない限りこれからもその流れは変わらないだろうと思われます。

 

さて、NHKのあさイチでは「シミ」の薬をもらうためにオンライン診療をやっている、という主婦が出ていました。通院が1時間半もかかるのでシミに効くという薬をオンライン診療で処方してもらっているのだとか。テレビではお医者さんが「処方しておきますから近くの薬局に処方箋を出してお薬もらってくださいね」、というような指示をしていました。

 

ちょっと待って!

 

「近くの薬局に処方箋を出して」ってことは、これはシミの治療を「保険」でやっているということじゃないですか!これはダメです。完全に違反。美容治療を保険でやるとは保険医(保険を使って治療する医師のこと)としては失格です😱。保険医は美容治療に対して保険を使ってはならない、という規則があるのです。

 

このブログを読んでいるドクターの皆さま、このような違反行為が何らかのきっかけで社保にバレるととんでもない額の費用の返還を命じられる羽目になりますのでたとえ少量でもおやめになったほうがよろしいかと思います。過去に保険を使った肝斑の治療を社保から否定された医院が私の近所にありましたので老婆心ながら忠告しておきます。

 

一方で患者さんも美容治療を保険でやろうなどとは考えてはいけません。ひいては国の財政を圧迫し、本当に医療が必要な人のための医療費がなくなってしまいます。保険治療とは互助会的な存在です。自己中心的な考えではいけません。

 

あさイチでは最後の方に若いアナウンサーが美容治療は保険ではできません、とは言っていましたがちょっと遅すぎました。NHKさんもこのような誤解されるような報道はやめたほうがよろしいかと思います。これ全国の人が見てますからね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 診療について
    • 皮膚のトラブル
      • 皮ふ科
      • 形成外科
    • 肌のお手入れ(美容)
      • 美容皮ふ科
      • レーザー脱毛
  • 料金について
  • 診療受付時間
  • WEB診療自動予約
  • 当クリニックについて
    • 院長プロフィール
    • 当院の設備
    • アクセス
WEB診療 ご予約はこちら
咲くらクリニックブログ
友だち追加

連絡先

〒446-0072
愛知県安城市住吉町5丁目15-1

  • TEL:0566-96-5500 脱毛予約専用番号: 0566-96-5600
  • FAX:0566-96-5511
間違い電話が多くなっていますので今一度ご確認の上お電話ください。
ページの先頭へ