1. HOME
  2. 咲くらクリニック ブログ 今日も咲くらで
  3. 湿疹の原因を特定するのは難しいです。また湿疹は素早く治すべし。
2017.3.1

湿疹の原因を特定するのは難しいです。また湿疹は素早く治すべし。

「これは湿疹ですね〜。」

「先生、湿疹の原因はなんですか」

「えー、わかりません。」

 

毎日何度も交わされる会話です。

 

日常診療の中に「湿疹」の患者さんは大勢来ます。ところがこの湿疹とは実に複雑で難しいのです。

 

皮膚の湿疹というとどうも一般の方には「単純なコトが原因」というイメージがあるようで、単純な物事がきっかけで湿疹になるのだろう、と考えている人が多いようです。

 

だから上記のような質問になるのでしょうね。

実はそういう僕もこの職業をやるまでは単純に考えていた一人です☁。

 

湿疹の成立は単純ではなくたいへん複雑です。 

 

外的要因、内的要因、それぞれを詳しく挙げますと、空気の温度、湿度、衣服の材質、環境や刺激、大気の汚染、皮膚の微生物、体調、体温の変化、体表面の細菌、ウイルス、真菌、洗浄剤、タオル、擦りすぎ、拭き取りすぎ、皮膚に塗布したクリーム、ローション、家人や自分の手に付着した化学物質やアレルゲン、太陽光線、アレルギー物質、家庭内職場内のチリ、ホコリ、ストレスからくる痒み、基礎疾患、等々。

 

ちょっと想像を広げただけで湿疹の原因になりそうなものはこれくらいは簡単に挙げられます(これでもほんの一部でしょう)。しかもこれらの一つが原因になるわけでなく、いくつもが重なって「湿疹」という病気として表現されるのです。

 

ですから湿疹の原因は?の答えはこのように複雑すぎるがゆえ、常に「わからない」になります。

 

テキトーに答えをくれるありがたい医者もいます😵。「あー、それストレスだから」
「あー、それ、アレルギーです」

ほんまかいな⁉なんで見ただけでわかるん⁉
忙しいからと言ってテキトーに話作ってんじゃないの?と疑ってしまいます🌊。

 

笑い話のようですが冗談抜きでこんな医者たくさんいます。患者さんたちはそんなテキトーな説明聞いて納得していたらイカンです😑。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 

特に小さいお子さんを持つお母さんへの情報ですが

 

湿疹のほとんどは上記のように複雑な物事が原因であり、いつもアレルギー反応の結果に現れるわけではありません。

 

またアレルギー反応の結果に湿疹が出る、ということを証明できる検査はありません。(ですから湿疹を見せただけでアレルギーの検査をされた、などという診療はおかしなことです。) 

 

現在は、

 

湿疹はアレルギー反応の結果と捉えるのではなく、
むしろ湿疹を放置することでアレルギー物質(アレルゲン)が皮膚から侵入しやすくなり、アレルギー発症につながる、という考え方になってきています。

 

つまり  湿疹を放置=アレルギー発症の元 という考え方です 

 

小さいお子さんの場合、むやみやたらに湿疹の原因を探すのではなくお薬を使って素早く湿疹の部分を修復することでアレルギー疾患を予防するということが重要です。

 

ネットで調べてこれとちがう知識をお持ちの方は当院ブログを参照してくださいね😄。

 

最後に、外来に来る患者さんみんながこのブログを読んできてくれますと当方としてもたいへんありがたく思います。どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m 

↑難しいよな。。

  • 診療について
    • 皮膚のトラブル
      • 皮ふ科
      • 形成外科
    • 肌のお手入れ(美容)
      • 美容皮ふ科
      • レーザー脱毛
  • 料金について
  • 診療受付時間
  • WEB診療自動予約
  • 当クリニックについて
    • 院長プロフィール
    • 当院の設備
    • アクセス
WEB診療 ご予約はこちら
咲くらクリニックブログ
友だち追加

連絡先

〒446-0072
愛知県安城市住吉町5丁目15-1

  • TEL:0566-96-5500 脱毛予約専用番号: 0566-96-5600
  • FAX:0566-96-5511
間違い電話が多くなっていますので今一度ご確認の上お電話ください。
ページの先頭へ