今日も咲くらで

院長ブログ

2020.04.23

徒然日記

新規入院の約6%が新型コロナ陽性の衝撃。

http://www.hosp.keio.ac.jp/oshirase/important/detail/40171/

 

慶應義塾大学病院が新型コロナ「以外」の疾患で入院してきた人で「無症状の方に」PCR検査をしたところ約6%が新型コロナ陽性だったと発表しています。

 

これはなかなか衝撃的なニュースです。

 

 

東京と愛知県を単純に比べることは難しいかもしれませんが、この数字から推定しますと私たちのような医療機関ではすでに毎日のようにコロナウイルス陽性の方と知らず知らずのうちに接している可能性があるわけです。

 

いや、医療機関だけではありません。職場でもスーパーでも毎日どこでも接している可能性があります。そして発症しないのはたまたま、というわけです。

 

 

私たち医療者が感染しますと院内感染と騒がれてしまうのですが、特に無症状で持ち込まれると防御のしようがありません。

 

他県ではゴーグルにシールド、手袋にガウンという重装備の看護師が感染したとの報道がありました。

 

当院が発熱の患者さんを診ることはまずありませんが、常にウイルスと隣り合わせでいろんなことに気をつけながら様々な病気の治療に当たっていることをぜひ知っていただけたらと思います。

 

世間では医療者への差別が相当数あるようです。ウイルスは誰しもかかる可能性があるもの。皆様のご理解をお願いいたします。

 

 

重ね重ね申し上げますが、受診に不安のある方は「電話再診」、久しぶりの受診の方は「電話初診」の活用をお願いいたします。

電話再診について

電話初診について