今日も咲くらで

院長ブログ

2021.12.22

しもやけ

診療室から

足のしもやけの予防には靴が大切。

今年は寒さがきつめ。愛知でもここのところ最高気温が10度を切ってきました。

 

そうすると外来ではしもやけの相談が増えてきます。

 

特に足のしもやけの相談が多いのですが、足のしもやけはみなさんのイメージのように靴下を厚くしても防ぐことができません。

 

しもやけ発症の予防にとって重要なのは「靴」です。

 

厚手の靴下ではなく耐寒性のある靴を使うことでしもやけは相当予防できます。

 

外来でしもやけを訴える患者さんの靴を拝見しますとほぼ100%の方が夏と同じ靴を履いています。

 

これじゃあしもやけ一直線です。

 

しもやけの予防には寒さを避けてくれる靴が重要です。

 

しもやけになりやすいかどうかは体質によるところが大きいですが、靴を工夫することでかなり予防できます。

 

しもやけで悩む方はぜひ耐寒シューズの購入をご検討ください。ただしこの地域ではなかなか手に入りづらいのが困ったところでしょうか。愛知ではアウトドア用品店で探すのが良さそうです。

 

しもやけ体質の方はお部屋の中の過ごし方も重要です。床暖房でもない限り「はだし」はしもやけの元ですよ。

 

 

こちらもどうぞ。

咲くらクリニックインスタ→https://www.instagram.com/anjosakuraclinic/?hl=ja