今日も咲くらで

院長ブログ

2018.06.05

MD-CODE

ヒアルロン酸

安室奈美恵さん。美人の条件

昨夜帰宅後にNHKのニュースを見ていたら今年引退される安室奈美恵さんのインタビューをやっていました。

 

もう40歳だそうです。久しぶりに拝見しましたが年をとっても大変美人な方ですね。

 

インタビューの内容はそこそこに、どこの部分で安室ちゃんが美人と感じるのかを観察。

 

最近は毎日のようにヒアルロン酸注入による輪郭形成をさせていただいていますが、その輪郭形成にとって何が大切かを安室ちゃんから学ばせていただきました。

 

彼女には美人の条件が詰まっているようです。

 

 

まずは卵形のシェイプ。顎先がツンととがっていて、綺麗な卵型です。理想的な輪郭をお持ちです。

 

 

たてのバランス。額、中顔面、下顔面のバランスが1/3ずつ。良いですね。

 

 

横のバランス。1/5ずつ。こちらも良いです。

 

なるほど、安室ちゃんのお顔を想像しながらヒアルロン酸注入を行うと良い結果が出そうです。

 

 

 

安室ちゃんはバランスの良いお顔である上にちょっと童顔な感じがさらに可愛らしく若々しく映るのでありましょう。

 

老化の対極にあるのは「子供」です。つまり若返り治療とは子供の顔により近づけること、と言い換えることができるかと思います。

 

 

昔、フジカラーのコマーシャルでの名文句。

 

「美しい人はより美しく、そうでない方はそれなりに。」

 

いやいや、それなりじゃあありません。現在のテクニックを使うとヒアルロン酸注入でバランスの良い顔になり、さらに見た目マイナス5歳くらいにして差し上げることができます。ちょっとお金はかかりますけども。

 

 

さて今日は新しい機械のお目見えです。紫外線治療器・「セラビームスリム」。数日前に承認が通ったばかりの日本第1号機です。これでまた良い仕事ができるようになるかと思います。今日も頑張ります!