今日も咲くらで

院長ブログ

2018.07.06

線状皮膚炎

診療室から

線状皮膚炎が激増中。刺された記憶がないのに皮膚がただれている

夏のある日、全く記憶のない突然の皮膚炎。

 

特に7月上旬頃に「皮膚がただれてヒリヒリする」と言って受診される方が多く発生します。かぶれ?虫刺され?いえいえ。

 

 

 

「線状皮膚炎」と申します。アオバアリガタハネカクシという虫の体液による皮膚炎です。

 

昨日だけでも4名の患者さんがやってきました。

 

「ええ?そんなのいるの?」といって怪訝そうな顔をする人や、「あ、見た見たそんな虫」という反応の人まで様々です。

 

慣れた皮膚科医ですと診断は一発です。

 

 

こういう虫です。体長6−7mm。

 

実際には目視する前に潰してしまったりすることが多いですね。

 

ステロイド外用剤で1週間で治ります。

 

夏の夜道にはお気をつけくださいね!