今日も咲くらで

院長ブログ

2020.05.31

エキシマレーザー

エキシマレーザーXTRACの購入

エキシマレーザーは従来のエキシマランプに比べて格段に強いエネルギーで紫外線を照射することができ、難治性の円形脱毛症や尋常性白斑に素晴らしい治療効果が期待されます。

 

欧米ではすでにエキシマレーザーが治療の主流になっているのですが、日本ではまだ10台程度しか導入がありません。

 

 

その治療効果を見ればどこの施設も欲しくなるはずなのですが、

 

エキシマレーザーは機械本体が高額なのと年間のメンテナンス費用が高額なために収支が合わない、と言って二の足を踏むケースが多いように思われます。

 

一応保険点数はつくものの、治療点数は従来の機械で治すのと同じ点数です。機械代金は従来機の3倍するのにいただく治療費は従来と同じですので元が取れない、というわけです。

 

そこで当院でも随分悩んだわけなのですが、

 

毎週光線治療に通っていただいている患者さんを改めて観察してみると、光線療法をずっとやっていても治っていない患者さんがたくさんいるんですね。

 

何年も治療をやっているのに。

 

一向に治っていない患者さんを見ているとだんだん自分が腹立たしくなってきました。何をもたもたやっとるんだ、と。

 

さらに僕の背中を押したのは重症の円形脱毛で何年も通っているSくんのお母さんの一言でした。

 

「この子は昨日で8歳になりました。2歳からずっと脱毛だから。。」

 

絶対に治す。うちが投資することで誰かが喜んでくれるならそれでよし。

 

そういや今あるVTRAC(エキシマランプ)もたった一人の掌蹠膿疱症の患者さんを治すために買ったし、ピコレーザーもたった一人の刺青を取りたい患者さんのために買ったのでした。いつも誰かが困っているからその期待に応えるために機械を買ってきたように思います。

 

そう決断できたらあとは早い。

 

もう収益なんぞ計算いたしません。患者さんが治ってくれたらそれで良いのですから。

 

そのために医療の仕事やっているんだもの。ゼニ儲けじゃない。

 

早く機械来ないかな。

 

スタッフ全員、新しい機械で患者さんたちに明るい未来を切り開けることを楽しみにしています。