今日も咲くらで

院長ブログ

2018.10.05

がんのこと

診療室から

昨日の続き。免疫チェックポイント阻害薬のこと。

ノーベル賞受賞のおかげでにわかに注目が集まっているのが新しいガン治療薬「免疫チェックポイント阻害薬」。その効果の仕組みは昨日簡単に書きました。

 

どこかの新聞に「ガンが治る・夢の新薬」とか書かれていましたが、それは全く違います。

 

実際に「免疫チェックポイント阻害薬」が効かないガンは多くありますし、死に至るような重大な副作用も多く報告されています。

 

余命いくばくもない末期ガンから生還した例があるのも事実ですがまだまだ「夢の薬」とは言えないのが現実です。

 

これから危惧されるのが「免疫なんちゃら治療」などとうたう、効果がきちんと証明されていない治療や商品が増加するのではないかということです。

 

ノーベル賞のようなセンセーショナルな取り上げ方をされると、藁をもすがる患者につけ込む便乗商法が増えるのが世の常です。

 

免疫チェックポイント阻害薬によるガン治療は使用法、適応、副作用に精通していてかつ保険診療をやっている病院で受けるべきものです。

 

決してどこかのクリニックが書いているような「免疫療法でガン再発なし」などという甘言には惑わされないようにしたいものです。