今日も咲くらで

院長ブログ

2019.06.25

クールスカルプティング

クルスカでいびき改善。クルスカはいびきや睡眠時無呼吸症候群の治療にも使えそうです。

本日はある患者様から申し出がありました。

 

クルスカをいびき防止のためにやりたい、とのこと。

 

クルスカとは、クールスカルプティング =脂肪冷凍装置を使った脂肪組織の減量 のことを言います。クルスカの詳細は「こちら

 

なるほど、そういう効果は思いつきませんでした。

 

確かに下顎に脂肪がたくさんつくといびきの元になります。いびきがひどいと睡眠時無呼吸症候群にもなります。

 

喉のあたりの脂肪組織を減らせばイビキ防止になる可能性が高いですね。

 

そういえば僕自身も遺伝的にあご下の脂肪組織が多いほうなのですが、昨年下顎のクルスカをやったあとからいびきの苦情がずいぶん減りました(妻の証言より)。

 

以前は寝てる時に枕の位置をそっと変えられたりしてましたから。妻いわく、今はイビキはほとんど気にならない、とのことです。

 

下顎の脂肪を減らすのはダイエットが一番なのですが中年になるとそう簡単にはダイエットはできません。

 

しかしクルスカなら下顎の脂肪の減量が効率的にできます。しかもリバウンドもあまりありません。

 

クルスカはいびきや睡眠時無呼吸症候群の改善にも効果が期待できそうです。

 

皆様からのご相談をお待ちしています。