今日も咲くらで

院長ブログ

2019.10.26

診療室から

土曜日の午前外来の状況について。これから受診される方へ

土曜日午前の来院数は常に150名越えです。

 

こうも患者さんが集中しますとどうしても流れ作業的になってしまいます。

 

これは僕としてはとても不本意な状況です。本当は患者さんと面白い話でもしながらゆったりと外来をやりたいところなのです。ですからいつも申し訳なく思いながらやっています。

 

当院は土曜日の午後も手術・処置を行なっています。

 

このため土曜日は午前中にどんなに多くの患者さんが来院しようとも必ず午後2時までに外来を終わらなければなりません。8時45分から始まる外来で150名以上の来院があってしかも午後2時までに終わらなければならない、これが土曜日の午前外来の状況です。

 

これでは一人あたりにとても短い時間しか使えません。僕だけで全部のお話をするのは到底無理ですので代わりにたくさんの訓練された看護師を配置しています。現在常に9名以上の看護師を配置し、みなさんに少しでも私たちの治療方針が伝わるように努力しています。

 

患者さんの数を制限すれば良いのかもしれませんが、医師には応召義務というものがあり、完全予約制にでもしない限り簡単に人数制限はできません。

 

また人数制限してしまうと困っている患者さんを救うことはできなくなります。事情があって土曜日しか来れない患者さんもいるからです。

 

現在神奈川や北海道など遠方からの来院も多くあります。地元の病院で何件通っても治らず本当に困ってしまって藁をもすがる思いでやってきた方です。このような方がいる以上人数制限などかけれるはずがありません。このように土曜日の外来は特殊な事情が多くあり、どうしても「流れ作業的」な外来になりがちです。

 

混雑時の診療方針が理解できない方、不要不急の方、ドクターからのお話をよく聞きたいと望む方は「平日5時まで」の受診をお勧めします。平日5時まではドクター二人体制で診察を行なっていますので比較的スムーズです。

 

一人でも困っている患者さんを救うためみなさまのご協力をお願いいたします。