今日も咲くらで

院長ブログ

2019.12.18

刺青・タトゥ治療

2台目のピコレーザー・ピコシュアによる刺青の治療

当院にはすでにシネロンキャンデラのピコレーザー・PicoWay(ピコウェイ)がありますが、

 

今年の夏に2台目のピコレーザーを購入しました。サイノシュアのPicosure(ピコシュア)です。

 

いずれもシミ治療中心で使用していますが、ピコレーザー本来の使用目的はtatoo刺青除去です。

 

シネロンキャンデラのPicoway(ピコウェイ)は532nmと1064nmの波長を持ち、赤色、黒色の刺青除去に優れた効果を持っています。

 

しかしその波長の特性から青色、緑色のtatooに少し弱い面があります。

 

ピコウェイは追加で785nmハンドピースを導入すると青色、緑色にも対応可能となります。(当院には導入済み)

 

一方でPicosure(ピコシュア)は755nmの波長を持ったピコレーザーです。

 

レーザーの波長の特性から赤色には少し効果が弱いのですが、黒色のほか青色や緑色の刺青除去に優れた効果があります。

 

ピコシュアでの実際の治療例です。青色と黒色の混じったtatooです。

 

↓ピコシュア1回照射。

 

黒色はもちろんですがピコシュアは青色、緑色への効果が大変素晴らしいです。

 

当院では波長の異なる2台のピコレーザーを駆使してtatoo刺青除去を行っています。

 

時折マルチカラー対応と書いているクリニックを見かけますが、理論上1台の機械で全ての色に対応するのは難しいと思われます。

 

本当のマルチカラー対応ならばピコウェイとピコシュアの2台持ちが断然有利です。しかしそのようなクリニックはおそらく日本国内では数件しかないと思われます。

 

青色、緑色が入ったtatooを綺麗に除去したい方はぜひご相談ください。