今日も咲くらで

院長ブログ

2021.03.12

診療室から

不織布マスクが痒くなるわけ

開業してから17年ちょっと、僕は毎日ずっとマスクをして仕事をしています。

 

実は開業当時はマスクしていませんでした。今とは違いマスクで顔を隠して診察することは場合によっては失礼と思われていた時代でした。

 

しかしある冬に2回もインフルエンザにかかってしまったことがあってそれに懲りてから毎日マスクをつけて仕事をしています。

 

もちろんスタッフにもマスク着用を義務付けました。

 

そのおかげか、以来インフルエンザなどの病気にかかったことがありません。

 

そのマスクですが、僕が使っているのは手術用の不織布マスク。後ろで紐でくくって固定するタイプで、一日中付けていても違和感がありません。

 

ところが、時々うちのナース達が使っているゴム紐付きの普通の不織布マスクをつけるともう大変。顔が痒くなってすぐに外したくなります。

 

痒くなってしまうのはどうやら不織布の材質に原因があるようです。

 

不織布はナイロンやアクリル、ポリエステルなどの化学繊維のほか、綿、羊毛、シルクなどの素材でできています。これらの繊維を織ったり編んだりせずに接着したり、絡み合わせて作られます。

 

複数の繊維が組み合わされているのでその繊維の質によってはチクチクと痒みが出てくるようです。

 

例えば化繊が苦手な人は多いですよね。不織布でも同じことが起きているものと思われます。

 

不織布はどれも真っ白で触り心地もほぼ同じです。

 

見た目で繊維の質を判断することはできませんから痒みを回避するにはマスクをあれこれ試してみるしか方法はなさそうです。

 

コロナ流行初期とは違い、マスクは潤沢に選べるようになりました。

 

不織布しかイカン、という心の狭い職場も多くあるようですが、それで痒みが出てしまってついマスクを外しがちになったりマスクをしょっちゅう触ってしまったりしていたら本末転倒です。その際は不織布の下にウレタンや布マスク、といった二重マスクも考慮してはいかがでしょうか?

 

まだまだマスクなしという生活は考えられませんからマスクに対する正しい知識を持って予防を心がけたいものです。