今日も咲くらで

院長ブログ

2021.03.31

形成外科

頭蓋骨の凹み修正

当院では純・形成外科処置も多く行っています。決して美容ばかりやっているわけではありませんよ。

 

元々形成外科専門医でもありましたので顔面の変形の処置 や傷の修正も多く行っています。

 

こちらは幼少時の事故による額の凹みの相談です。(凹みがわかるように暗く撮影しています)。

 

昔、こういう凹みの修正ではコロナールインシジョンと言いまして、両耳から頭頂部にかけて頭皮を大きく切開し、頭蓋骨から筋肉を含む頭皮をはがし、眉毛付近まで全部皮膚をむいて額の骨を露出させ、くぼんだところにハイドロキシアパタイト(骨と同化する物質)を埋めて、皮膚を戻して縫って、みたいなド派手な手術をやっていました。

 

今はフィラー(注入物質)が発達しているので処置が楽になりましたね。

 

今回のケースでは最近発売されたヒアルロン酸製剤、ボラックス®️を注入してみました。硬くて形がしっかり出るヒアルロン酸なのでこういう症例にもぴったりです。

きれいに埋まりましたでしょ?時間が経つと多少吸収されますがまた注入したらよろしいかと。

 

ご本人は長年のコンプレックスから解消された、ととっても喜んでおられました。

 

よかったよかった。これ簡単に埋めていますがそれなりに注入ノウハウが必要ですヨ。

 

また色々とご相談くださいませ。

 

明日から4月。しまった。。消費税の総額表示するの忘れてた!!急いで価格表変えないと!ということで早朝から頑張っております。。。。