今日も咲くらで

院長ブログ

2021.06.01

ヒアルロン酸

輪郭を整えると細く見えます。ヒアルロン酸注入による輪郭形成

 

先日当院インスタにもあげました、ヒアルロン酸注入による輪郭形成についてお話します。

 

今回は丸顔を細く見せるためのテクニックです。

 

写真はヒアルロン酸注入前、注入後です。同日の写真。写真は頬骨の幅が全く同じになるように調整してあります。

 

右の方が顔が細く見えるのがわかるかと思います(インスタでは左!と答えた方が5%ほどいました。。)

 

今回はヒアルロン酸を2本使用。

 

頬骨の下と顎先に注入し、美人顔の条件である卵型の輪郭に近づけるようにしました。

 

頬に注入すると顔が大きくなるのでは?と思うかもしれませんが縦方向のサイズを上手に調整してあげますと目の錯覚で細く見えるのです。

 

しかしやりすぎるとアントニオ猪木。バランスが大切です。

 

それにしても人間の目はすごいですね。特に顔を判別する能力は他の景色を見る能力とは異なるように思います。

 

たった1mmの変化でも気付くのですから。おそらく脳内の何かが違うのでしょう。

 

この輪郭形成には美人の条件が頭に入っていることが肝要です。テキトーに注入してなんとかなるものではございません。

 

数値的に美人を知るのも大切ですが、ボクは美人顔研究で時々京都の仏像を見学に行っています。(今は行けてない)

 

仏像の顔はバランスが素晴らしいのですよ。最近流行りのアゴがピンピンに尖った顔ではありませんけれども。

 

古今東西、時代や地域を超えて美人顔は同じ比率でできているのをご存知ですか?

 

西洋の美しい顔、東洋の美しい顔、どちらも同じ比率でできているのです。

 

人間て面白いですね。

 

さ、時間がだいぶ過ぎてしまいました。今日も美人をたくさん作りに行ってきます!(今は朝)