今日も咲くらで

院長ブログ

2018.10.12

診療室から

咲くらクリニックの口コミ。その口コミは本物?

最近のことでしたが驚いた出来事を一つ。

 

咲くらクリニックでは患者さんが非常に多く来院してくださっているのはありがたいのですがその分ひとりの患者さんに割ける時間がどんどん短くなってきています。

 

当院としては困ったことだなあ、と思っていますが、来院する患者さんを断ることができないのが日本のお医者さんの決まりです。だから日本のお医者さんは体力勝負。

 

 

患者さんが多くなるとこうなります。

 

待ち時間が長くなって診察時間が短い。。。。混雑すると私たちも上手にお相手できなくなってきます。そうすると当然患者さんの不満爆発。時に星一つの口コミとなって現れます。

 

物理的にできないことも多くあるのですが。。。

 

 

閑話休題

 

最近その口コミは本物か?と思うような出来事がありました。

 

Googleの口コミ欄に何か書かれるとGoogleから連絡がくるようになっているのですが、最近悪い口コミが投稿されるとほぼすぐのタイミングで東京のGという会社から連絡が来ます。

 

どういう連絡かと言いますと、「あなたのところに悪口が掲載されているのでこちらが有料で良い口コミを書きますよ」というのです。

 

なんのことかと詳しく聞いて見たら、「グーグルの悪口は消せないから中和するように良い口コミを書いてあげる」というのです。なんと4ヶ月で50万円。月1−2回の投稿だそうです。

 

 

そういえば、最近身に覚えのない口コミがあった気がします。そんなこと言ったっけ?みたいな。

 

ん?もしや業者が自作自演で悪口を書いてそのタイミングで連絡をよこすのか?

 

僕のようなスレた医者はともかく、ほとんどの医者は世間慣れしてませんので悪口を書かれて不安になっていることころを突かれたら???

 

 

予感は的中しました。ある日、m3という医師用掲示板を見ていると私と全く同じ経験をした医師に遭遇しました。彼によると身に覚えのない口コミを書かれておかしいな?と思っていたところに業者が連絡してきたというのです。連絡をよこしてきたのも僕のところと同じ業者でした。

 

ナント、最近では利用した患者のフリをしてさもありそうな悪い口コミを書いてそれをネタにクリニックをゆすってくる悪徳業者がいるのです!

 

はあ。。私たちは一体何を信用すれば良いのやら。捏造された口コミですとこちらも改善のしようがありません。さらには病院の評価とは何を信用したら良いのでしょうか?患者さんにとっては迷惑な話です。

 

 

日本では表現の自由は守られているというのですが、こんな表現の自由では困ります。

 

在日韓国・朝鮮の方へのヘイトスピーチしかり。嫌な世の中になったものです。

 

 

さ、気を取り直して今日も頑張りましょう!