今日も咲くらで

院長ブログ

2020.08.03

にきび治療

毛穴の開き

毛穴の開き、ニキビ跡にフラクショナルレーザー。名古屋でWEB講演をしてきました。

昨日は名古屋でWEB講演をしてきました。名古屋駅前は数週間前にはかなりの混雑でしたが、コロナ感染者が増えてきたせいかガラガラでした。

 

さて、昨日の講演会のお題はフラクショナルレーザー。

 

特にフラクショナルRFとフラクショナルCO2についてお話してきました。(ちなみにRFは高周波と言って、レーザーではありません)

 

フラクショナル照射とはドット状にレーザー光等を当て、治療効果を得るという照射方法です。フラクショナル系マシンの利点は「面ではなく点で照射することで副作用を軽減しながら効果が得られる」というところです。つまりがダウンタイムが少なく治療効果が高い、というわけですね。

 

当院には4種類のフラクショナル系マシンがあります。フラクショナルCO2、フラクショナルRF、1540フラクショナル、ピコフラクショナルの4つです。

 

 

どれが一番良いのですか?という質問には「どれも効果がありますよ」とお答えしています。以下はそれぞれの特徴。

 

1)フラクショナルCO2

最もダウンタイムが長い。しかしながら効果が最も強く出る可能性がある。ニキビ瘢痕が高度の場合、選択肢となる。

ダウンタイムが長いおかげで最近は出番が少ないが、ここぞという時に役に立つマシン。

 

2)フラクショナルRF

ダウンタイム軽度。細かい小さなかさぶたが数日発生する。浅めのニキビ跡、小じわ、毛穴の開きに有効。安全性が高く、効果が得られやすい。

照射にややコツがいる。鼻の頭など小さい部位は少々苦手。昨日の講演の主人公。

 

3)1540フラクショナル

ダウンタイムがほとんどない。ダウンタイムがないが、その効果はフラクショナルRFと同等以上、場合によりCO2にも匹敵する。

比較的高度なニキビ瘢痕をダウンタイムを気にせず治療することができる。ニキビ瘢痕のほか、毛穴の開き、小じわに有効なマシン。

ダウンタイムがない治療のため、現在最も人気がある。

 

4)ピコフラクショナル

ダウンタイムがない、あるいは赤みが1日程度続く。毛穴の開き(軽度〜中程度)が気になる方に最適。一方で深すぎるニキビ瘢痕治療には向いていない。

全顔に照射すると顔全体が明るくなり、引き締まった印象が得られる。肌の質感を改善するためにも有効なレーザー。

最近少しずつファンが増えている。一度やったらやめられない??かも。

 

どうですか?どれにするか迷いますよね。

 

毛穴の開き、ニキビ跡で悩んだらぜひご相談ください。最適な一台をお勧めいたします。

 

 

 

当院の夏休みは8月9日から16日です。お薬が必要な方はお早めにお願いいたします。