今日も咲くらで

院長ブログ

2021.09.29

ヒアルロン酸

若さの象徴はこのほっぺた。

音楽ユニットyoasobiのボーカルikura(幾田りら)さんです。

 

笑った顔のココ↑の部分が素晴らしく綺麗だったのでインスタから拝借。

 

見てください。ほっぺたの高まりから下顎へのラインが綺麗なS字を描いています。

 

これぞ古今東西美人の条件の一つであります。

 

西洋美術でも東洋の仏像でも、場所も時代も違えど美しさの条件は同じ。美しいものにはこの綺麗なS字があるのです。

 

たまに若い患者さんから、笑った時の頬の「たこ焼き」が嫌だから消してくれ、とか言われるのですが、この場合は必死で説得します。

 

その頬の高まりは将来必ず減るから今減らしちゃだめだよ。みんな年取ったら高いお金払って入れたがるんだから!てな具合です。

 

ほっぺたの高まりは若さの象徴。

 

ですから中顔面を形成するときはこの頬のS字がなるべく復活できるようにヒアルロン酸を用いて作ります。そこのあなた、自分の頬、ぺったんこになってません?

 

もっともやりすぎるとどっかの芸能人みたいに不自然さが目立ちますのでほどほどに。

 

昨日も連続3名ほど頬の形成を行いました。打つポイント、打ち込む量で仕上がりは大きく変わります。みなさん骨格が違いますから。

 

そろそろ秋だし美人研究のために京都あたりに行ってこようかな。舞妓さんとかじゃなくて仏像見学ですよ。仏像こそ美しいS字を持つ傑作なのです。

 

今日はお休みです。最近まで当院にお勤めくださった先生が岡崎で10月1日から開業されるので新しいクリニックの見学に行ってきます。

岡崎・ひまわりクリニック https://himawariclinic.jp/

咲くらクリニックの姉妹クリニックになりますので(保険治療が主体)お近くの方はぜひ。

 

 

こちらもどうぞ。

咲くらクリニックインスタ→https://www.instagram.com/anjosakuraclinic/?hl=ja