今日も咲くらで

院長ブログ

2016.04.05

アトピー性皮膚炎

アレルギー

ステロイド

湿疹

赤ちゃんの湿疹を放置するのはアレルギー発症の元。

毎日当院の外来にはこんな赤ちゃんがたくさんやってきます。

 

 

その昔、
こういう湿疹はアレルギーがベースにあって発症しているのではないか、と多くのドクターは考えていたものでしたが、

 

現在では、
このような湿疹を放置しますと、壊れた皮膚からアレルギー物質が入り込み、食物アレルギーや、喘息、鼻炎、などのアレルギーを発症する、と考えられています。

 

↑これ重要ね。

つまり、赤ちゃんの湿疹はお薬を使って速やかに治療を行い、1日も早くアレルゲン(アレルギーの元)が入らない綺麗なお肌を作り上げることが大切なわけです。

 

このような湿疹をたった1−2ヶ月放置しただけで食物アレルギーを発症する可能性があることが証明されています。

さらに昨日きた上記のような患者さんは、他院で「化膿している」と誤診され、抗生剤の塗り薬を塗っていたのでした。この湿疹に抗生剤を外用しますと余計にかぶれます?。始末が悪い。。

 

綺麗な皮膚を取り戻すコツは、
石鹸で洗わず、お湯洗いのみで、
タオルやガーゼでこすらない、
弱めのステロイドを適量塗って早く炎症を収める

 

この3本立てで1週間以内に元の綺麗なお肌に戻ります。
決して中途半端な治療はせず、治療の完了をちゃんと診てもらいましょう

 

注意)フツーのお薬を使っても全く治療に反応しない時に限っては湿疹の原因にアレルギーが存在することがあります。でもこれを診断するには時間がかかります。「不適切な治療で治らない」とは違いますからね❗

 

ご相談お待ちしています。。