今日も咲くらで

院長ブログ

2017.10.02

医療脱毛

脱毛レーザーの講師をして来ました。

日曜日は大阪で看護師さん向けの脱毛セミナーの講師をして来ました。

 

今回は当院の看護師高野も一緒です。

 

 

いつもはレーザー治療の講義は医師が対象なのですが、今回はほぼ全員看護師さんです。総勢110名。セミナー会場は満員でした。

脱毛レーザーは大体どこの医院でも看護師さんがメインのお仕事になります。理由は女性の患者さんが多く、また陰部や脇など羞恥心を伴う箇所の処置が比較的多いからです。
 

看護師さん中心の処置といえども、そこはレーザーによる治療ですから当然危険も副作用も知っていなければなりません。
 

レーザー治療の原理から具体的な処置方法、副作用とその対応までおよそ2時間に渡り講義をして来ました。
 

ドクターから脱毛処置を任されたがどうやったらいいか困っている看護師さん、まだ初心者でよく分からない、開業したて、知識の補充など参加理由は様々です。基礎の基礎から応用編まで初心者からベテランまで十分満足できる内容でお話ししたつもりです。みなさん満足できましたでしょうか?

 

セッション2の副作用のセッションでは当院看護師高野といわきクリニック看護師西田さんとともに壇上に上がり、現場の生のお話を届けることができました。
二人とも10年以上のキャリアがあるほんとに素晴らしい看護師さんです。
 

さて、脱毛をするには大変お金がかかります。消費者としては安い方が良いに決まっているのですが、安くて飛び込んだはいいがそこで実際に脱毛をしてくれる人のキャリアや経験はどうなっているか気にしたことがありますでしょうか?
 

インターネット上では脱毛レーザーはあそこが安いだ、高いだと記載しているサイトもあります。レーザー処置は美容院などとは違って客に施術者の技術レベルがわかりにくいためどうしても価格だけの比較になってしまうのが残念です。しかし脱毛レーザーで本当に大事なのは施術してくれる人の経験や技量なのです。
 

施術者の知識や技量が十分でない場合、火傷をしたり今起きている副作用に気がついてもらえないなどのリスクがあります。

 

当院は他との価格競争はしていません。丁寧な脱毛を心がけ、それに見合ったコストをいただいています。そうしないと施術はどんどん雑に、荒くなっていくからです。安くして収益を上げようとすると素早く処置を終わらせてどんどんこなしていく必要があります。その結果は明らかです。
 

当院では例えば腕や足の脱毛では毎回全部の範囲をレーザー照射しています。たとえ毛がほとんどなくなっても全部照射します。他の医院では回数が進むと残ったところだけちょろっと照射して終わらせています。これだと確かに安くすみますが、本当に綺麗な脱毛になるかというとそうではありません。当院の脱毛コストが少し高めになっているのはこういう理由です。毎回全部の面積を照射するからです。
 
また当院ではすべての看護師が同じ処置ができるように日々トレーニングを積んでいます。他院のように入職したばかりのナースに突然処置を任せることはありません。最低でも6ヶ月以上のレーザー処置のトレーニングを積んで、しかも厳しい実技試験にパスしなければ現場に出れません。どのナースも2回も3回も試験に落ちてやっと合格するのです。

 

脱毛は医療の一部です。病気になった時に安くていいかげんな医療を受けたいですか?同じことです。ちゃんと勉強して経験を積んだ医療スタッフに診てもらいたいと思うはずです。
安かろう、悪かろうでは元も子もありません。
 

と言ってもやっぱり安いところに集まるのは仕方ありませんね。 
 

安全で質の良い脱毛をお望みでしたらばこういうところもチェックしてみると良いかと思います。実際に施術を受けて見てたどたどしい(特にリズムよく照射できない)とか、質問に十分に答えられないようですと経験不足のスタッフがやっている可能性が高いです。施設を選ぶ時にぜひご参考になさってくださいね。
 

さて今日から年度の後半です。当院も新しいスタッフが3人やって来ます。どうぞよろしくお願いします。