今日も咲くらで

院長ブログ

2017.10.27

レーザー

医療脱毛

レーザー脱毛後の硬毛化

約20年前から脱毛治療においてレーザー脱毛が世の主流になってから、数%の割合で「硬毛化」が出現するようになっています。

 

硬毛化とは、本来ならばレーザー照射により抜けなければならない毛が抜けないどころか逆に太く、濃くなる現象のことを言います。

 

硬毛化の原因はまだ詳しくは分かっていませんが、

レーザー治療時の熱作用により創傷治癒機転(傷を治すシステム)が働き、各種ケミカルメディエーター(炎症反応の際に出てくる細胞間に情報を伝える物質)が増加することで

脱毛しきれなかった毛やレーザーに反応しない軟毛が太く濃く成長してしまうのではないか、と推定されています。

 

硬毛化してしまった毛の始末は大変です。

 

当院では通常の脱毛にはロングパルスアレキサンドライトレーザーGentleLASEを使用して脱毛を行っていますが、硬毛化してしまうとGentleLASEで脱毛することは少々難しくなってきます。

 

GentleLASEを使用して硬毛化を退治する方法も考案されていますが不成功に終わることも多いです。

そこで使用するのがロングパルスYAGレーザーです。

 

ロングパルスYAGレーザーはロングパルスアレキサンドライトレーザーに比べ高出力で深達性に優れ、深い位置から生えている毛や硬毛化した太い毛にも対応できます。

 

私たち咲くらクリニックが考案したロングパルスYAGレーザー使用した硬毛化対策ではほとんどの硬毛化が退治できるようになりましたがそれでもまだパーフェクトではありません。(詳しくは院長が執筆した「Non-Surgical 美容医療超実践講座/全日本病院出版会」に記載)

ロングパルスYAGはよく抜けるのですが何せ痛い!場合によっては麻酔が必要になることもあります。

 

硬毛化時には脱毛をやめる、という選択肢もあります。

確かにその通りで、脱毛を中止すると1−2年で太くなった毛はまた元の太さに戻ります。抜けるわけではないので治療といっていいのかわかりませんが、毛が太くなって困ったら一度止めてしまうのも手です。

 

全身脱毛は脱毛エステ店が派手な宣伝をして客を集めている昨今ですが、脱毛エステ店でもかなり多数の硬毛化が起きています。(脱毛の数%起きるわけですから!)

 

ではエステ店ではどのように硬毛化に対応しているのでしょうか?第一治療できる道具(レーザー)がありませんし、医学知識を持っている人もいませんのでおそらく対応できていません。お客さんにはなんとかかんとか言ってごまかしているのでしょうか?それとも謝罪・返金して終わり?当院にはそういったトラブル例が多数来院されます。

 

以下は硬毛化ではありませんが脱毛エステ店による熱傷の数々。何故こんなことが起きるのでしょうか?どこの機械を使ったらこんな火傷になるのでしょうか?私たち医療の世界ではありえません。

これらはテレビやメディアで派手に宣伝している某チェーン店によるものです。(当院の近くにもある)

 

脱毛はエステではなく医療行為の一部です。

 

医療行為ですから良いことばかりではなく硬毛化や熱傷のようなトラブルもありますので脱毛を安いだけで選んでしまうと思わぬ「失敗」をするかもしれません。

 

きちんと医学知識とノウハウを持った医療施設での脱毛をお勧めいたします。