今日も咲くらで

院長ブログ

2018.11.22

診療室から

久しぶりに良い薬を見つけました。古くて新しい薬・ヒルドイドクリーム。

乾燥の季節がやってきました。

 

乾燥というと保湿クリーム。保湿クリームで有名なのは誰もが知ってる「ヒルドイドソフト軟膏」です。

 

マルホ株式会社の傑作です。1996年発売。当時傾きかけていた会社を立て直したと言われるくらいバカ売れした奇跡の薬。

 

臭いもなく、使用感がよく、しかも効果が高いので20年経った今でもドクターたちから大変評価が高い薬です。

 

さて、今日の話題の主人公はこちら。ヒルドイドクリームです。

 

1954年発売。とっても古い薬です。ピンク色したヒルドイドソフト軟膏の元祖です。大先輩。

 

ところが1996年にヒルドイドソフト軟膏が発売されてからというものメッキリ人気がなくなってしまいました。理由はその独特なにおいにありました。

 

しかし昨年、製品改良によりヒルドイドクリームからあの独特な臭いが消えたのです。

 

そうしましたらとても使用感の良い素晴らしいお薬になりました。

 

ヒルドイドクリームはクリーム基剤のため浸透がよく(軟膏の8倍!)乾燥した皮膚に効率よく水分を送り込みます。

 

夜にべったりと塗り、テープでぐるぐる巻きにするだけで朝にはしっとり、という効果が得られます。

 

乾燥してぱっくり割れた指の傷などに大変有効です。これからの季節手放せないお薬になりそうです。

 

久しぶりに良いお薬を見つけました!