今日も咲くらで

院長ブログ

2019.07.02

診療室から

カサゴに刺されたら熱湯が効く。ムカデやハチに咬まれたときも同じです。

日曜日はたまの休みでしたので悪天候ながら乗合船に乗って釣りに行ってきました。

 

まあタイミングが悪く、波と風の強いこと。結局伊勢湾内でのんびりな釣りとなりました。

 

釣れたのはカサゴがたくさん。

 

カサゴはお刺身に唐揚げが美味しいですよね。

 

本来は自分で調理するところなのですが、仲間との夕食会があったのでそちらのお店に全てお任せすることにしました。

 

夕食でお世話になったのは「知立・蔵ら」さんです。美味しいお料理がいつもたくさん用意してあります。最近は外食といえばここしか利用していないと言ってもいいくらいお世話になっています。

 

さて、集合時刻に到着してみると蔵らのご主人が何やら指を痛がっています。

 

 

「先生、今日のカサゴは毒を持っているみたいで、さばくときに刺されちゃいました。」

「いつもさばいたあとから手がパンパンに腫れるんですよね」

 

 

僕「カサゴに刺されたらどうしたらいいか知ってる?熱湯に指をつけるの。火傷しないくらいのお湯にね。」

主人「早速やってみます。」

主人「あ、本当だ。痛みがなくなってきた」

 

ということで、カサゴの毒は高温で失活しますのでもし指を刺されたら触るか触れないかくらいの熱湯につけると痛みが消えます。

 

 

実はムカデに刺された時も一緒です。先日ムカデに刺された患者さんがやってきたのですが、ご本人がネットでその情報を得て患部に熱湯をかけてみたらすっかり痛みが引きました、とおっしゃっていました。

 

「応急処置はその通りです。よくやりましたね。」とは僕のセリフ。

 

患部の痛みはなくなっていましたし、腫れもなかったので特に処置無しで帰宅していただきました。たまにはネットも役に立ちますね。ガセネタも多いけど。笑。

 

熱湯はハチの毒にも効果があるそうです。

 

 

 

「カサゴとムカデの毒には火傷しない程度の熱湯が効く。ついでにハチ毒にも」

 

今日の豆知識でした。