今日も咲くらで

院長ブログ

2019.08.10

ヒアルロン酸

オージーカーブ。美人の条件

以前に美しい顔の基準としてEラインというお話をさせていただきました。(当院ブログ:横顔にみる美人の条件

 

今日はオージーカーブについてのお話です。

 

建築・デザインの世界で美しいとされているS字を描く滑らかな曲線を「Ogee Curveオージーカーブ」と言います。

 

 

古今東西、どこの国、どの時代を見ても人間が美しいと思えるモノは普遍です。

 

ヒトの顔で言いますとオージーカーブはこの部分です。

 

 

この写真、どなたかお分かりですか?

 

 

 

 

 

こちらはデヴィ夫人の若い頃のお写真。今でも美しい方ですが若い頃は超絶美人ですね。

 

偶然見つけてその美しさに思わず唸ってしまいました。

 

彼女はほぼ理想形と思われるオージーカーブの持ち主です。

 

ちなみに現在のデヴィ夫人は

今でもオージーカーブは十分に保たれています。ですから年齢を経ても美しく見えるのですね。

 

理想的なオージーカーブは年齢とともに失われてきます。

 

崩れる理由は皮膚のたるみ、骨の減少、表情筋の減少、脂肪組織の減少や移動、顔面の皮膚を吊り下げている靭帯の伸長など

 

があります。

 

老化とは組織の減少や移動ですので色々なアイテムを使って組織を元の位置やボリュームに戻すという作業をすることで若返りが図れます。

 

現在のところ安全に組織の充填を行えるのは主にヒアルロン酸注射です。当院では行なっていませんが一部の施設では下がった組織を吊り上げるワイヤーなどを挿入しています。

 

ヒアルロン酸注射は安全に大きな侵襲なく若返りができるアイテムです。注射だけの簡便な処置ですが血管や神経の走行など解剖学的な深い知識がないと副作用が起きてしまうことがあります。

 

疲れていないのに疲れたような顔に見える、怒っていないのに怒ったような顔に見える。こういう訴えを外来ではよく耳にします。

 

よく拝見しますと多くの方はオージーカーブが失われています。

 

少し元気なお顔に戻したい方、少し若返りをしたい方は綺麗なオージーカーブを取り戻すためにヒアルロン酸注射を打つことをお勧めします。

 

 

 

ただし美しさとは外見だけではありません。言葉遣い、立ち振る舞い、身なり、心の持ち方、色々な要素があることをお忘れなく。

 

デヴィ夫人も言ってらっしゃいました。外見やスタイルだけ良くても鑑賞には良いでしょうが真の意味では美しくありません、と。

 

なるほどその通りでございます。

 

処置のご希望がありましたら外来にてご相談を受け付けております。よろしくお願いします。