今日も咲くらで

院長ブログ

2020.06.19

毛穴の開き

毛穴の開きを治すには?いや、毛穴の開きは本当に治せるのか?その1

鼻の毛穴など、顔の毛穴の開きについての相談は非常に多いです。

 

対処できそうなものもあれば、少し難しいものまで。私見ながら少々書いてみたいと思います。

 

患者さんが気になる毛穴の開きとは大きく分けて3種類あります。

 

1)以前にニキビがひどく、炎症後に大きく凹んでしまったもの

2)大きくは凹んでいないが、細かい凹みがたくさんあるもの。

3)毛穴の黒ずみや詰まりが気になるもの

 

難易度順は1)から3)の順になります。1)は比較的効果が出やすく、3)はやや難しいものになります。

 

1)はいわゆるニキビ後瘢痕(あばた、とか言われるもの)です。

ニキビが治った跡が大きく凹んでしまっています。こういうタイプはレーザー治療の効果が比較的出やすいです。レーザーはフラクショナル系レーザーであればほぼどれも同じ程度の効果が見込めます。ダウンタイムが強め〜なし、まで色々なタイプのレーザーが市販されています。ただフラクショナルレーザーの効果は深さが半分になる程度、と考えた方が良さそうです。レーザーのみでフラットの状態にはなりません。Rolling scarは結果が出やすく、エッジのきいた Icepick scar や Boxcar scar は効果が出にくいかと思います。

 

 

波長長め(深部まで届く)のレーザーを4回照射しました。ニキビは発生していますが頬の凸凹がだいぶ改善しているのが分かります。

 

2)は確かに凹んでいるけれども、そう深くはない毛穴の凹みの方です。鼻に近い部分の頬の毛穴を気にされている方が多いです(一番相談が多い)。

こちらもなんとかフラクショナル系レーザーで改善できそうですが、結果が少々ブレます(良くなったり、そうでなかったり)。当院としてもまだ治療研究中で、現在色々なレーザーを照射して結果を比べています。

 

 

フラクショナルレーザー2回照射。写真上ではうまくいってそうですけども。。本人の満足度は一体??(昨日聞いたらとても良い、とのことでしたけど。)

 

当院では毛穴の開きの治療は「3回勝負」といつも言っています。3回のうちに改善していると感じる方はそのまま続行。3回照射でよくわからない人はそこでストップ。毛穴の開きについては回数をかければそれだけ良くなるというものでもありません。結果に納得できる方だけ続けた方が賢いです。無駄にお金をかけてはいけません。

 

このあたりの毛穴の治療はまだまだ工夫の余地がたくさんあり、永遠の課題だろうと思っています。

 

さて、次に3)はどうしましょうか、というお話ですが、続きは次回にしたいと思います(そろそろ朝ご飯食べないと。。)。

 

今日も頑張りましょう!