今日も咲くらで

院長ブログ

2020.08.25

ハイフ

本日ハイフHIFUがやってきました。

コロナで色々と萎縮してしまいがちですが、当院は比較的元気にやっております。

 

さて、今年の春頃に導入しようかと機種をあれこれ悩んでいた「ハイフ」ですが、本日当院にやってきました。

 

 

ハイフ=「HIFU」とは、高密度焦点式超音波を意味する「High lntensity Focused Ultrasound」 の略です。

 

簡単に言うと、超音波を光をレンズで集めるように1点に集中させることで皮下組織を加熱し、熱作用で組織を収縮させる、という機械です。

 

効果で言うと「熱で皮下組織を収縮させ、主に顔面のたるみを取る」という処置になります。

 

皮下組織がターゲットなので皮膚表面にダメージがいくことはほぼありません。基本ノーダウンタイム治療です。←ここ重要です。

 

ハイフは現在エステなどでも行なっているようですが、やはり医療用は全く出力レベルが違います。

 

※ハイフは皮下組織を焼灼する機械ですので皮下の解剖を知らないで行うと重要な組織を焼いてしまう可能性があります。ですからハイフはどこにでも何でも照射すれば良いと言うわけではなく、どこにどの深さでどの程度照射をするかが重要です。やはりハイフは解剖がわかっている医療機関で受けるべきでしょう。

 

ハイフは使用する機種によっても効果にばらつきがあるようです。超音波の焦点が甘くて十分に加熱できないとか、毎回深さにばらつきが出るなどの機械もあります。当院の機械はその点しっかりリサーチして購入しました。

 

先日当院インスタを通じてお問い合わせがありましたが、本格的な施術開始は1ヶ月程度あとになる予定です(研修期間が必要なため)。

 

価格も決めないといけませんしね。なるべく皆さんが楽に継続できるような価格にしたいと考えています。もちろん愛知イチ安く、です。

 

どうぞよろしくお願いいたします。