今日も咲くらで

院長ブログ

2020.12.14

診療室から

背中や胸にステロイドが効かない赤い痒い発疹がある。色素性痒疹では?

時折当院のブログを見て来院してくださる方がいます。

 

背中や胸に赤くて痒みがある発疹ができている患者さん。

近くの病院に行ってステロイドをもらったのだけど一向に治らない、とおっしゃることが多いです。

 

そのような方はもしかしたら「色素性痒疹」の可能性があるかもしれません。

 

ステロイド外用剤を塗っていますので症状が修飾されてわかりににくなっていますが

特徴的なのが矢印の部分の模様。

 

こういうパターンでしたら色素性痒疹を疑います。

色素性痒疹はダイエットなどにより引き起こされることが多い、とされています。

 

こちらの患者さんも糖質オフを進めたところこのような症状が出てきたそうです。

他にはダイエット中の高校生の女の子なんかもよく見ますね。

 

治療はなぜかある抗生剤の内服がよく効きます。ステロイドは効きません。

 

この患者さんもたった2週間の抗生剤内服で完治。

色素沈着は残っていますが赤みも痒みもありません。

 

世の中には不思議な病気があるものです。

胸や背中にステロイドが効かない痒みと発疹に気付いたらご相談くださいませ。