今日も咲くらで

院長ブログ

2021.02.21

舌下免疫療法

花粉症

花粉症シーズン到来。

先週まではそう飛んでいませんでしたが、今週になり急にスギ花粉が飛散してきました。

 

25年来の花粉症患者である僕は少しばかり憂鬱な時期です。

 

しかし、それはもう過去の話。現在の僕の花粉症症状は予防薬であるシダキュアと、症状が出たときのタリオン(写真はジェネリック)でほぼ撲滅されました。

 

なぜ症状が出なくなったかというと、写真の右側「シダキュア」のおかげです。

 

シダキュアはスギのアレルゲン(アレルギーの素)です。アレルギーの素を少しづつカラダに入れて慣らし、アレルギーを起こす体質を変えてしまうというものです。

 

これを減感作療法あるいは舌下免疫療法と言います。その効果は高く、8割くらいの方が効果を実感できます。またおよそ半数の方はほぼ症状がなくなります。

 

私もほとんど花粉症症状が出なくなりました。もし症状が出たら抗アレルギー薬のタリオンを少し飲んだらすぐ治ります。

 

シダキュアの内服期間は一年中毎日、3年以上の内服をおすすめしています。年数を重ねるとより効果を実感できるかと思います。

 

私は内服してから4年目になりますが、シーズン中に酷い花粉症症状で悩むことはほぼ無くなりました。以前はひどい鼻詰まりでよく寝れない日も多くありましたのでその効果は歴然です。

 

シダキュアの開始時期はシーズンオフの6月からになります。

 

花粉症で悩む皆様、来季に向けていかがでしょうか?