今日も咲くらで

院長ブログ

2015.09.18

にきび治療

にきび治療あれこれ。

咲くらクリニックではニキビ治療に特に力を入れています。

現在、保険でできるにきび治療薬には昔からある抗生剤内服、抗生剤外用のほか?、

発売されてすでに7年ほど経過しますが、日本に導入された当時その効果にびっくりであった、レチノイド様作用をもつディフェリン⏰

そして今年の4月から発売された過酸化ベンゾイル外用剤・ベピオ✨、さらに過酸化ベンゾイルと抗生剤の合剤・デュアック? 

 

と現在保険治療では5つの選択肢があります。

ディフェリンが導入された当時、僕はブログで黒船来襲、とまで書いたくらい驚きの効果だったのだけれども、今年発売されたベピオの効果もまたびっくりしています?。

何せ効果が早いのです。ディフェリンが3−4週間くらいから効果が出てくるのに対し、ベピオは2週間くらいから効果がはっきりわかります。

ベピオの1例です。20代男性↓

 

ベピオ3週間外用↓

 

ベピオはとても効果が高いのですが、外用時にヒリヒリしたり、少々赤くなったりするマイナス面もありますのでよく理解して外用することが大切です☀。

当院では看護師が最初に丁寧に説明してから処方させていただいています。

実は咲くらクリニック、にきび治療薬の処方量が全国で10番以内になったことが過去何回もあります。つまりそれだけ患者さんに来ていただているというわけです。

ディフェリン時代も1桁台でしたが、ベピオに変わってからもそれは変わらず、7月はとうとう全国1位になりました?。(10/8追記:ついでに9月も1番でした?)

こうした実績は咲くらクリニックの自慢の一つですが、そんなことよりも良い薬を使って良い仕事をたくさんの人に提供することができた、ということが一番の勲章です。ありがたいことですm(_ _)m。

でもそんなに良い薬を使っても100%患者さんは救えません。
保険で治療が難しい患者さんにはレーザー治療を行っています☀。

そんな一例です。写真は20代女性。数ヶ月間にわたり内服外用等々の保険治療を行いましたが、どの保険治療も無効でした。

 

そこで当院のレーザー群による治療を8ヶ月ほど行いまして、

 

とても綺麗になりました✨。

当院ではこういう難治性にきびを得意としております。

治療費用も都会にあるクリニックよりだいぶ抑えた費用で行っています。およそ1回1万円以内です。

悩んでいる方は外来まで?。