今日も咲くらで

院長ブログ

2019.06.14

徒然日記

咲くらクリニックも働き方改革。

世間においては働き方改革を強調される昨今ですが、当院でも今年の4月から働き方改革を進めています。

 

これまでクリニックといえば夜遅くまで診察するのがが当たり前でした。

 

ところが夜遅くまでお仕事となると最近ではスタッフが全然集まりません。特に家庭を持っている方だと難しいですね。ご主人様に子供のこと、いろいろ気にしなければいけませんから。

 

またこの1年でいろいろな出来事が重なったこともあり、当院も世の中に習って働き方改革を進めることにしました。

 

 

働き方改革の具体的内容はと言いますと、まず夕方5時以降の予約処置をほぼ無くしました。そのかわり夕方5時までの処置枠をかなり増やしています。すでにご利用中の方はご存知かと思いますが13時30分から15時30分までの処置枠もあります。

 

夕方5時以降に処置をご希望の方は大変申し訳ありませんが、スタッフの健康確保のためご協力をお願いいたします。

 

結果、交代ではありますが夕方5時で帰宅できるスタッフが増えました。

 

これは効果てきめん。みんなの生活に余裕ができ、余暇ができ笑顔が増えました。みんなで疲れるのが一番悪いですからね。働き方改革は職場に良い影響をもたらしたようです。

 

 

これからの時代、スタッフを夜遅くまで就労させている施設は次第に廃れてくるのかもしれません。そんな変化を感じつつ当院は決断した次第です。

 

7月からはさらにスタッフを増員し、スタッフが総勢19名になります。大病院の病棟並みの規模になりますね。

 

現在、クリニック裏に新病院を建築中ですが、今後はより重症例に対応できるセンター化を目指したいと思っています。

 

働き方改革を進めると同時に地域医療の充実のためより一層頑張りたいと思います。