お肌の診療

アトピー性皮膚炎

現在、アトピー性皮膚炎は免疫の異常、皮膚バリアの異常、かゆみの異常の3つの要素が互いに複雑に絡み合って起こる病気と考えられています。このため何々が原因で発症する、というような短絡的な事象で起こる病気ではないことがわかっています。

免疫、皮膚バリア、かゆみを同時にコントロールすることは簡単ではありませんが現在ではいくつかのアイテムを使うことで症状を大幅に改善させることが可能です。

アレルギーの血液検査がよく行われますがアレルギー数値(IgE)が高値の方もいればほとんど0の方もいます。

アレルギー数値が高い場合でも皮膚を治療してきれいに保つとアレルギー数値は改善していきます。

血液アレルギー検査では「これまで皮膚が悪かった」という事実を教えてくれますが(皮膚炎をおこしている皮膚からアレルギー物質は体内に入り、血液検査で検出されます)、アトピーの詳しい原因までは教えてくれません。

さて、アトピー性皮膚炎の病態の一部は「皮膚バリアの異常」ですが、ではバリア異常を改善するにはどうすれば良いか?

現在のところバリア異常を改善するには適切な薬物療法が欠かせません。

薬物療法には保湿剤やステロイド外用剤、タクロリムス外用剤、デルゴシチニブ外用剤を用います。

近年では副作用を減らしつつ完治に持って行く外用方法として外用プロアクティブ療法が推奨されています。

小児のアトピー性皮膚炎は乳幼児期から積極的に治療することにより重症化を防ぐことができ、さらに完治にもっていくことができやすい傾向にあります。

また成人のアトピー性皮膚炎はストレス、寝不足、疲労、環境要因などが悪化因子となり治りにくい傾向にあります。

当院では標準治療に加え、免疫抑制剤(シクロスポリン)内服、光線療法、デュピクセント注射(※) による重症例治療を数多く行なっています。

 

※2018年4月重症アトピー性皮膚炎のための新薬「デュピクセント」(注射剤)が発売されました。中〜重症のアトピー性皮膚炎の方に極めて高い治療効果を発揮します。

 

アトピー性皮膚炎に関するブログはこちら → 当院ブログ「アトピー性皮膚炎

ステロイド外用剤にまつわるデマについて → 当院ブログ「ステロイド