お肌の診療

難治性にきび/にきび跡(凹み)治療

保険治療で十分な改善が得られない難治性ニキビに対しては、レーザーによるニキビ治療を行っています。

ロングパルスアレキサンドライトレーザーを用いて3週間から1か月ごとに行います。

ロングパルスアレキサンドライトレーザーでの処置の場合、3回から6回の照射でニキビの効果が見られることが多いです。

またニキビ跡(凹み)に対してはフラクショナルレーザーを使用して治療します。

フラクショナルレーザーにはいくつかの種類があり、ダウンタイムが長いものからほとんどないものまであります。

いずれのフラクショナルレーザーも一定の効果が得られますが全員に等しく結果が出るものではありません。

およそ3回のうちに効果が得られる方のみ治療の継続をお勧めしています。

 

料金

処置により異なります。

ロングパルスアレキサンドライトレーザーの場合、11,000円

フラクショナルレーザーの場合、11,000円〜(範囲によって異なります)