1. HOME
  2. 診療について
  3. 皮膚のトラブル
  4. 皮ふ科

皮膚のトラブル

皮ふ科

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能異常を発端とする慢性の皮膚の炎症(湿疹)です。

皮膚のバリア異常は先天性と考えられていましたが後天性にも起きることがわかってきました。しかしバリア異常が起きる詳しいメカニズムはまだ十分に判明していません。

アレルギーの血液検査がよく行われますがアレルギー数値(IgE)が高値の方もいればほとんど0の方もいます。

アレルギー数値が高い場合では、皮膚を治療してきれいに保つと通常アレルギー数値は改善していきます。ここからわかることはアレルギー数値が高い=皮膚が悪い、ということになります。

血液アレルギー検査では「皮膚が悪かった」という事実を教えてくれますが(皮膚炎をおこしている壊れた皮膚からアレルギー物質は体内に入り、血液検査で検出されます)、血液検査で原因がわかることは大変少ないです。

悪化因子の検索で最も有効なのは皮膚パッチテストです。

さて、アトピー性皮膚炎の一番の原因は先に述べた「皮膚のバリア異常」ですが、ではバリア異常を改善するにはどうすれば良いか?

バリア異常を改善するには適切な薬物療法が欠かせません。

薬物療法には保湿剤やステロイド外用剤、タクロリムス外用剤を用います。

近年では副作用を減らしつつ完治に持って行く外用方法として外用プロアクティブ療法(下記)が世界中で推奨されています。

小児のアトピー性皮膚炎は乳幼児期から積極的に治療することにより重症化を防ぐことができ、さらに完治にもっていくことができやすい傾向にあります。

また成人のアトピー性皮膚炎はストレス、寝不足、疲労、環境変化などが大きな悪化因子となり治りにくい傾向にあります。

当院では標準治療に加え、免疫抑制剤(ネオーラル)、ナローバンドUVB照射等による重症例治療も積極的に行っています。

 

ステロイド外用剤にまつわるウワサについて → 当院ブログ「今日も咲くらで」から。「ステロイドを塗ると皮膚が黒ずむ?→ウソですがな、、ステロイド伝説その①」「ステロイドを塗ると皮膚が象のようになる?→ウソですがな、、ステロイド伝説その②

 

今より症状を良くしたい患者さんへ → 当院ブログ「悪い時だけ来るとずっと強いお薬になりますって。

                   当院ブログ「アトピー性皮膚炎

 

★外用プロアクティブ療法について

九大皮膚科ホームページ→http://www.kyudai-derm.org/atopy/docter/16.html

近年、アトピー性皮膚炎のコントロールのために提唱されている外用方法です。

従来は赤みかゆみがなくなったらステロイドは休止して保湿剤のみ継続、という塗り方が一般的でしたが、これではすぐに再発してしまうことが多く、いくら治療しても再発を繰り返すのでやがてステロイド不信、医者不信となり、治療への意欲もなくなってあきらめてしまう、という患者さんも大勢いました。

プロアクティブ療法は皮膚炎が一見改善してもお薬をやめずに外用回数を少なくして継続するという考え方です。

当院でもプロアクティブ療法で治療を開始する前はずっと外用し続けることで皮膚への副作用が増えるのではないかと懸念していましたが、実際は薬の量が減量でき、ステロイドのランクも減らすことができ、さらに皮膚への副作用はあまりない、といった効果が見られています。

この療法で治療中の方はずっとお薬を塗りますので皮膚がきれいな時も外来にお薬をとりにくる必要がありますが、プロアクティブで治療していますと患者さんの皮膚の状態がとても良いので治療時間も短く、お薬代も減り、医師患者お互いのストレスも減少します。

悪い状態の患者さんを診るのは医者として大変緊張する瞬間でありますし、また悪化した状態を見せにくる患者さんも大変申し訳なさそうに来られます。外来での「良くなってるね!」という一言は医師患者双方にとって一番のはげみではないでしょうか。

他院でステロイド内服が必要な状態だった方もプロアクティブ療法に変更してから2ヶ月程度で内服ステロイドを使わなくても、皮膚がつるつるの状態がずっと継続できている患者さんもいらっしゃいます。

少々根気とマメさは必要ですが現在世界的にも有用な外用方法です。

 

 

 

 

 

ページ先頭へ

アレルギー相談(食物アレルギー・金属アレルギー・歯科金属等)


当院では食物に関するアレルギーの相談を受け付けています。
食物アレルギーの診断にはまず問診が重要です。

検査には血液検査やプリックテストなどがありますが、特に血液検査のみでの診断は誤診が多く注意が必要です。

他院で食品アレルギーと診断されて当院を受診される患者さんの約5割は「血液検査が陽性であるだけ」で真のアレルギーではない方です。

もっとも確実な診断手段は経口負荷試験です。これには通常入院が必要となります。

乳幼児の食物アレルギー情報→当院ブログ「食物アレルギーについて」「なぜまだ離乳食を始めてもいない乳児がアレルギーを発症するのか?

多くの治療経験から「食べてはダメ」ではなく「どうやったら食べられるか」をアドバイスしています。

 

また金属アレルギー検出のためのパッチテストを積極的に行っています。特に歯科金属のアレルギーについては歯科医との連携を積極的に行っています。

他に日本人にかぶれをおこしやすい物質(ジャパニーズスタンダードアレルゲン)のパッチテストも行っています。

 

ページ先頭へ

湿疹

皮膚科患者の8割を占めるのが湿疹・皮膚炎です。
そのほとんどは原因を特定できない種類のものです。
多くはとても痒いため素早い手当が必要です。

赤ちゃんの湿疹への考え方については→当院ブログ「今日も咲くらで

ページ先頭へ

蕁麻疹

突然膨疹を伴って痒くなりますが、数時間~半日程度であとかたもなく消えてしまうものが蕁麻疹です。
蕁麻疹のほとんどは特発性といって原因不明のものです。
明らかに食べ物が関与することはまれです。
血液検査で原因を明らかにすることはほとんどできません。
内服薬がよく効き、外用剤はほぼ無効です。

ページ先頭へ

にきび/にきび跡治療

にきびは多因子による疾患ですが、特に思春期のにきびには性ホルモンが大きく関与しています。
日本では過酸化ベンゾイル外用剤、レチノイド様外用剤、抗生剤外用&内服が基本になります。
従来広く行われていたビタミン剤投与に治療根拠はありません。
基本治療だけでも約8割程度の方は改善しますが、難治例・重症例ではレーザー治療(レーザーフェイシャル、Vbeam、スムースビーム)等を行い改善をはかります。
当院が最も得意とする疾患の一つです。

 

深いにきび跡の治療については当院HP 深い凹みのにきび跡・クレーター治療 を参照のこと

軽いへこみのにきび跡については 軽い凹みのにきび跡治療 を参考のこと

 

ページ先頭へ

いぼ(尋常性疣贅じんじょうせいゆうぜい)

尋常性疣贅はウイルスによる疾患です。このウイルスはほとんどの人がもっています。
ありふれた疾患の割に難治例が多く治療に困ることもしばしばです。
一般的には液体窒素による焼灼治療が基本ですが、疼痛を伴うため小さいお子さんなどにはつらい治療です。
当院では全く痛くない治療も選択することができます。

当院ブログ→TUMI(トゥミ)人形とイボの治療。

 

ページ先頭へ

水いぼ/伝染性軟属種

小児に多発するウイルス性の疾患です。必ず治療しなければならない、というきまりはありませんが、接触により他人にうつっていくため集団生活をしている方は社会的な意味で治療が必要になります。
ピンセットでつまんで取るのが治療の基本ですが、痛みを伴いますので麻酔シールを貼ってから取る治療や自宅で処置をしていただく痛くない方法も選択できます。

当院ブログ→「水いぼが再発少なく取れる方法

 

ページ先頭へ

ほくろの相談

テレビの影響や風評で悪者扱いされがちですが、そのほとんどは良性腫瘍であり、悪性腫瘍の確率は数千から数万人に一人程度です。
ダーモスコピーという機器を使用して鑑別診断を行っています。
必要であれば切除手術を選択することもできます。

ページ先頭へ

皮膚の腫瘍(できもの)

当院 形成外科の項目にジャンプします→「クリック

ページ先頭へ

円形脱毛症・全頭脱毛症

円形脱毛症は局所の免疫の異常により発症すると考えられています。
従来から言われているストレスが直接関与しているわけではありません。
治療はステロイド外用剤やフロジン液外用による治療が基本になります。
難治例には局所ステロイド注射やSADBEによる局所免疫療法も行っています。

ページ先頭へ

白斑症

白斑症は局所の免疫異常により発症すると考えられています。
ステロイド外用剤や免疫調整剤外用により治療を行いますが、難治例も多い疾患です。
当院では難治例に対しナローバンドUVB(VTRAC、セラビーム)による治療を積極的に行っています。

ページ先頭へ

尋常性乾癬

乾癬はいまだ原因のはっきりしていない疾患の一つです。
治療の基本はステロイド外用剤とビタミンD3外用剤になります。
紫外線が治療効果を発揮することがわかっていますので夏場は軽快する方が多いです。

局所的に強い症状がある方には紫外線照射(VTRAC、セラビーム他)を行っています。

病変が広範囲にわたる患者さんや重症例には新薬「オテズラ」の内服をおすすめしています。副作用がほぼなく、治療効果が高い内服薬です。

「オテズラ」でもコントロールが効かない重症の乾癬には生物学的製剤による治療をすすめています。(主に安城更生病院に紹介)

ページ先頭へ

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

原因のわかっていない皮膚炎の一つです。
手のひらや足の裏において炎症細胞がなんらかの原因で活性化することで発症すると考えられています。
女性の場合、喫煙者が9割を占めます。
禁煙の上、ステロイド外用剤とビタミンD3軟膏外用やビオチン内服による治療をすすめています。
難治例にはナローバンドUVB(VTRAC、セラビーム)治療を積極的に行っています。
完治まで平均7年程度かかるという統計があります。

ページ先頭へ

やけど

やけどの深さは受傷後に冷やす冷やさないにかかわらず、やけどをした瞬間にほぼ決まります。
水ぶくれになってしまったらなるべく早く来院されることをおすすめします。
当院では創傷被覆剤や軟膏を用いて1日も早く治癒にもっていきます。
もしも傷が残ってしまった場合は傷跡の修正治療も行っています。

湿潤療法にも対応しています。

ページ先頭へ

きず・傷跡

新鮮な創傷治療の基本は消毒ではなく洗浄です。
当院では皮膚再生を阻害する可能性が高い消毒処置は一切すすめていません。
洗浄の上、創傷被覆剤や繊維芽細胞成長因子含有スプレーなどを使用して早期の治癒を目指します。
また帝王切開跡のケロイドやタバコの火による傷跡修正なども多く行っています。

湿潤療法にも対応しています。

ページ先頭へ

ケロイド

ケロイドとは元の傷跡からはみ出して隆起拡大していくものを言います。
その多くは痒かったり痛かったりします。
トラニラスト内服の上、シリコンシート圧迫による治療を基本にしていますが、難治例にはステロイド局所注射(保険)やVbeamレーザーによる治療(自費)を行っています。

ページ先頭へ

巻き爪・陥入爪治療

 当院 形成外科の項目 にジャンプ!→「クリック

ページ先頭へ

青あざ・太田母斑・ADMの治療

当院 形成外科の項目へジャンプ!→「クリック

ページ先頭へ

血管腫 赤あざ 赤ら顔 毛細血管拡張症(NEW!)

当院 形成外科の項目にジャンプ →「クリック

ページ先頭へ

紫外線照射療法

当院ではこれまでのVTRACに加え、新たに全身用のDaavlin7と局所用のセラビームUV308を導入して幅広い症例に対応できるようになりました。

VTRACとは
ブイトラックは、エキシマランプを使用したターゲット型紫外線照射器です。従来の治療では十分効果を得ることのできなかった疾患の治療に効果が期待できます(下に適応症記載)。 他の外用薬や内服薬とも併用できます。
メリットは治療効果を感じられるまでの時間が短い、かゆみが治まるのが早い(乾癬の 場合)、副作用のリスクが少ないなど。週に1~2回ほどの照射をおすすめいたします。
適応疾患(保険治療が可能です)
尋常性白斑、掌蹠膿胞症(しょうせきのうほうしょう)、菌状息肉腫、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹、乾癬、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症(※)
※円形脱毛症は保険適用外です。

Daavlin7とは

ダブリンは全身に患部がある場合に効率よく紫外線を当てることができる全身型紫外線(UVB)照射器です。有害な波長はカットした紫外線で、1回あたりの照射は数分と短時間です。治療は保険適応で1回あたり1200円程度です(3割負担の場合)。

適応疾患(保険治療が可能です)
尋常性白斑、掌蹠膿胞症(しょうせきのうほうしょう)、菌状息肉腫、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹、乾癬、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症(※)
※円形脱毛症は保険適用外です。

 ダブリン

 

セラビームUV308とは

セラビームは局所的に難治性の皮疹が残っている場合に有効な紫外線照射器です。独自のフィルターを搭載し、安全で効果の高い波長の紫外線を患部だけに当てることができます。こちらも保険による治療が可能です。

適応疾患(保険治療が可能です)
尋常性白斑、掌蹠膿胞症(しょうせきのうほうしょう)、菌状息肉腫、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹、乾癬、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症(※)
※円形脱毛症は保険適用外です。

Thera_ver1.5_001

ページ先頭へ

多汗症

多汗症は重症になると握手ができなかったり、答案がくしゃくしゃになったり、ハンカチが手放せなかったりします。
日本では治療方法が十分に確立されているとはいえないのが現状です。
当院では50%塩化アルミニウム液外用、水道水イオン導入、ボトックス注射、抗コリン剤(プロバンサイン)内服、漢方治療などの治療を行っています。

ページ先頭へ

AGA(男性型脱毛症)

AGAは男性ホルモンが強く関与している脱毛症です。
発症には人種間に差があり、遺伝子が関与していることがわかっています。
ヨーロッパ人には多く、アジア人には少ない傾向にあります。 
当院では学問的に効果が立証されているフィナステリド(プロペシア)内服、ザガーロ内服、リアップ(市販品)外用をおすすめしています。

※28年6月より「ザガーロ®️」が新発売となりました。発売前の調査では発毛作用がプロペシアの1.6倍と謳われています。

当院ブログ→「AGA治療薬フィナステリド価格改定のお知らせ

 

料金は「料金について」を参照してください。

ページ先頭へ

女性のびまん性脱毛

女性のびまん性脱毛は老化、ストレス、薬剤、ダイエット、過度のヘアケアなどで発症すると考えられています。
男性型脱毛症が前頭部から頭頂部におきることに対して女性のびまん性脱毛は頭部全体が薄くなってきます。
日本では有効な治療法は確立されていませんが、飲む育毛剤(パントガール)が海外で開発されています。

Pantogar(パントガール)ドイツMerz社製

効能

びまん性脱毛症の治療。

用法用量

朝昼夜食後、1カプセルを少量の水で服用する。

副作用

現在のところ副作用の報告はありません。

成分

<1カプセル中>
ビタミンB1  60mg
パントテン酸カルシウム 60mg
薬用酵母 100mg
L-シスチン 20mg
ケラチン 20mg
パラアミノ安息香酸 20mg

このようにパントガールには、毛髪を構成するタンパク質の一種ケラチン、ケラチンを構成するアミノ酸の一種であるL-シスチン、毛髪や皮膚を正常に保つ作用のパントテン酸カルシウムなどが含まれています。

料金は「料金について」を参照してください。

ページ先頭へ

口囲皮膚炎、酒さ

口の周りの皮膚炎、湿疹が治らない場合、口囲皮膚炎と診断されます。また施設によっては「酒さ」と診断されることもあります。

ステロイドやプロトピックという皮膚科ではメジャーな塗り薬を外用していても繰り返すことが多いため困って来院される方が多いです。

毛包虫やある種のバクテリアが関与することが多いため、基本的にステロイド外用は中止し、抗生剤内服や古典的軟膏を用いて治療していきますと早ければ2週間程度で改善してきます。

長期にわたってステロイド外用を続けていた場合、ステロイド外用を中止させますと一時的に悪化することがありますが通常4週間ほどで症状が落ち着いてきます。悪化しても焦らず粘り強く治療することが肝要です。

 

ページ先頭へ

ワキガ、足の臭い相談

ワキガや陰部、足の臭いの相談を受け付けています。

ワキガや足の臭いは自分そのものの臭いではありません。

腋や陰部、足底に常在しているバクテリアが発する臭いです。

このバクテリアは分泌された汗などを分解して栄養にしています。

 

制汗剤外用や内服、抗菌剤外用で臭いの多くは収束します。

コンプレックスに乗じて高額な治療を受けさせる施設をインターネット等で見かけますが、これらの症状は実に簡単なお薬でおさまるものです。

 

 

 

ページ先頭へ
  • 診療について
    • 皮膚のトラブル
      • 皮ふ科
      • 形成外科
    • 肌のお手入れ(美容)
      • 美容皮ふ科
      • レーザー脱毛
    • 予防注射
  • 料金について
  • 診療受付時間
  • WEB診療自動予約
  • 当クリニックについて
    • 院長プロフィール
    • 当院の設備
    • アクセス
WEB診療 ご予約はこちら
オンライン診察 ご予約はこちら
咲くらクリニックブログ

連絡先

〒446-0072
愛知県安城市住吉町5丁目15-1

  • TEL:0566-96-5500 脱毛予約専用番号: 0566-96-5600
  • FAX:0566-96-5511
間違い電話が多くなっていますので今一度ご確認の上お電話ください。
ページの先頭へ